ミャンマーのメールマガジン  「バワーアテッ(NEW LIFE)」



 

日本ミャンマー支援機構が発行するメールマガジン

「バワーアテッ(NEW LIFE)」

 

日本ミャンマー支援機構が、ビルマ語(ミャンマー語)・英語・日本語のニュースソースと当社のコネクションから入手したニュースを、独自の視点で切り取り、お届けしています。政治、経済、文化、社会変化など、多様なミャンマーの姿をご堪能ください。

各メールマガジンへご登録の上、是非ご購読ください。

下記メールマガジンは同じ内容をご提供しております。
  

【メールマガジン配信元】

◆まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001647023.html

 

◆メルマ:http://melma.com/backnumber_198750/

メールアドレスボックスにご自身のメールアドレスをご入力の上、「送信」ボタンを押してください。当社のメールマガジンが配信されるようになります。

メルマガ登録・解除
ミャンマー最新ニュース
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

◆インフォマグ http://www.infomag.jp/


メールマガジン 文例

 ミャンマーニュース「バワーアテッ(NEW LIFE)」2014年6月6日号

 

 

 ミャンマーニュース「バワーアテッ(NEW LIFE)」です。みなさま,いかがお過ごしでしょうか。

 

関東でも梅雨入りとなりました。ミャンマーの雨季と日本の梅雨入りなどの季節感が都市を追うごとに似てくる気がします。

 

それでは、早速ですが、今号の目次です。

 

_______________________

 

1 5月第3週から6月6日までのミャンマーニュース

 

2 6月14日(土)日本アセアンセンターにてASEAN留学生対象夏の企業合同説明会に参加します!

 

3 【アテッ当社(当社は今!)】日本企業で働きたいミャンマー人を熱烈に支援しております!

 

4 ミャンマーでのレンタカー・通訳派遣5%オフ実施中(6月30日まで)

 

_______________________

 

_______________________

 

1 5月第3週から6月6日までのミャンマーニュース

_______________________

 

2014年6月6日(金)

<KNU,ミャンマー防衛幕僚長と会談>

 

ミャンマーの少数民族のひとつ、カレン族による武装組織「カレン民族同盟(KNU)」が、

ミャンマー軍の防衛幕僚長と会談した。

 

過去60年近く、自治権を求めてミャンマー政府軍と武装闘争を続けてきたKNUは停戦協定を進めており、

今後の停戦の動き次第で、ミャンマーの外国資本参入がさらに加速する可能性もある。

(VOA BURMESEよりJMSAが抜粋、翻訳、加筆)

 

 

<ミャンマー人名義の外国資本の会社を取り締まり>

 

ミャンマー人の名義を借りて会社法人を経営している外国資本の会社が、

ミャンマー政府当局により摘発された。縫製工場が多いという。

今後、摘発された会社はミャンマー人名義から、外国資本の会社として再登記することとなる。

ミャンマーでは、外国人が会社を設立するとき、設立手順や課税金額などが異なる。

(BBC BURMESEよりJMSA一部抜粋、翻訳)

 

 

2014年5月28日(水)

 

<トレーダーズホテル、「スーレー・シャングリラホテル」に>

 

2014年4月、ミャンマー最大都市ヤンゴンの高級ホテルであるトレーダーズホテルが、

スーレー・シャングリラホテルになった。シャングリラホテル&リゾーツは香港のホテルグループ。

(日本ミャンマー支援機構)

 

 

2014年5月26日(月)

 

<テインセイン大統領 自身と閣僚級給与25%を寄付>

 

イエートウッ・ミャンマー政府スポークスマンの発表によると、ミャンマーのテインセイン大統領は、

大統領と閣僚の給与があがった2015年4月に、自身と閣僚級給与の25%を貧困層の教育・ヘルスケア増進の

ために寄付するよう呼びかけた。それによって、ミャンマー政府の貧困対策プログラムに、5月19日に寄付が行われた。

(BBC BURMESE)

 

 

<スーチー氏 首都ネピドーで憲法改正署名運動>

 

最大野党、国民民主連盟党首のアウンサンスーチー氏が、自身が大統領選に出馬するために

必要な憲法改正を求めて、ミャンマーの首都ネピドーにて署名活動を行った。

(BBC BURMESE)

 

 

<中国海軍船、ミャンマーのティラワ港就航>

 

5月23日、中国海軍の練習艦「ZHENG

HE(鄭和)」と、海軍船「WEI FANG」が

ミャンマーのティラワ港に到着し、ミャンマー政府による歓迎セレモニーが開催された。

 

ミャンマーの中国大使館発表によると、ティラワ港には23日から27日まで停泊し、

ミャンマー海軍と中国海軍が関係を深めるための就航とのこと。

ミャンマーののちは、インド、ベトナム、インドネシアに向かう予定。

 

(BBC BURMESE)

 

 

 

2014年5月23日(金)

 

<アメリカ 約8800万ドル支援へ>

 

アメリカ議会では、2015年政府予算で約8800万米ドル(90億円超)のミャンマーへの資金提供を決めた。

同資金はミャンマーの政治・経済発展を目的として使われる予定。

米軍によるミャンマー軍人への教育費や合同訓練費となる20万ドルも、同資金に含まれている。

(BBC BURMESE)

 

 

<世界銀行 ミャンマー人学生10万人支援へ>

 

チョーソーリン世界銀行ミャンマー担当によると、世界銀行は、ミャンマー人10万人の

学生支援プログラムの実行を承認した。4年間で40町分の支援を行う予定で、

貧困により退学する学生が多い地域をターゲットにする。支援内容は、

本や学校で必要な物資の提供が中心となる。

 

(BBC BURMESE)

 

 

2014年5月18日(日)ヘッドラインのみ

 

日本、ミャンマー産農作物を輸入予定(BBC BURMESE)

 

 

2014年5月15日(木)

 

<ミャンマー人難民600万人以上 ノルウェー難民会議調べ>

 

ノルウェー難民会議が、現在のミャンマー人難民数は600万人以上いることを明らかにした。

カチン州やカレン州、ラカイン州など少数民族地域に難民が多い。

 

(VOA BURMESE)

 

_______________________

 

2 6月14日(土)日本アセアンセンターにて

   

ASEAN留学生対象夏の企業合同説明会に参加します!

_______________________

 

アセアン出身の留学生向けの夏の企業合同説明会に、日本ミャンマー支援機構が参加します!

ミャンマー・日本間の仕事を探しているミャンマー人のみなさま、ぜひ当社にお声がけくださいませ!!!

 

開催日時:6月14日土曜日 14時から18時

場所:国際機関日本アセアンセンター アセアンホール(東京都港区新橋6-17-19 御成門ビル1階)

 

出展が決定している企業です。

 

①株式会社ボーダレスジャパン

②味の素株式会社

③エイチ・アイ・エス株式会社

④オー・エイ・エス株式会社

⑤日本ハム株式会社

⑥エイムネクスト株式会社

⑦日本ミャンマー支援機構株式会社

⑧株式会社たゆたう

⑨株式会社テクモ

⑩岡谷鋼機株式会社

 

エントリーはこちらから==>

 

<VACS INTERNATIONAL HPより一部抜粋>

 

_______________________

 

3 【アテッ当社(当社は今!)】日本企業で働きたい

     ミャンマー人を熱烈に支援しております!

_______________________

 

 

日本ミャンマー支援機構では、日本企業で働きたいミャンマー人に対して、

就職先をお探しして、就職につなげる活動を行っております。

 

現在、ミャンマーに進出する日本企業で、ミャンマーで法人を立ち上げ、

そこに日本生活の経験のあるミャンマーの方々を採用したいとお考えの企業が増えてまいりました。

ミャンマー語ができる、もしくはミャンマーに興味のある日本人の採用ニーズもございます。

 

そこで当社では、ミャンマー・日本間にまたがる日本人・ミャンマー人に対して、

面接までのセッティングや、ミャンマー人への日本語での履歴書の書き方指導、面接同行、

面接での受け答えの仕方などの指導を開始いたしました。

 

今後、ミャンマー人やミャンマーに興味のある日本人の採用活動をお考えの際は、

ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。ミャンマーでは見つからない高いスペックの人材が

御社の就職を待っているかもしれません!

 

_______________________

 

4 ミャンマーでのレンタカー

  通訳派遣5%オフ実施中(6月30日まで)

_______________________

 

6月30日までに、ミャンマーにおける当社のレンタカー、もしくは日本語通訳派遣サービスを

ご契約いただきましたお客様に、通常サービス価格の5%OFFでご提供いたします!!

 

 

最後になりますが、今月も読者の皆様にとってすばらしい月となりますよう、

お祈り申し上げます。

 

--

 

<発行>

日本ミャンマー支援機構株式会社

〒236-0005 神奈川県横浜市金沢区並木1-17-13-206

 

TEL&FAX / 045-567-5858

E-mail / info@japan-myanmar.com

URL / http://www.japan-myanmar.com/


日本ミャンマー支援機構株式会社

 Japan Myanmar Support  Association

 

〒236-0005  神奈川県横浜市金沢区並木1-17-13-206

Tel / Fax : 045 - 567 - 5858 ( 受付時間:平日9時~18時 )

Mail : info@japan-myanmar.com

 


Facebook

Twitter

YouTube

LINE

Member

Email Contact


書  籍

 

ミャンマー専用

レンタルWi-Fi

深山 沙衣子 

website

日本とミャンマー

縁結び事業


tag

#ミャンマー #外国人雇用 #ミャンマー進出コンサルティング #現地進出支援 #留学生・外国人人材採用 #工場進出支援 #不動産ご紹介 #合弁パートナー探し #市場調査 #通訳派遣 #レンタカー #縫製工場委託