2020年12月15日更新

 

イスラム教徒難民の移送開始

 

ミャンマー国軍の掃討作戦により、隣国バングラデシュへ逃れたミャンマーのイスラム教徒は100万人近くにのぼる。

 

帰還問題が長期化する中、難民キャンプの収容も限界に近づき、バングラデシュ政府は難民1600人をベンガル湾沖の島、バシャン・チョールへ移送した。最終的には10万人を移送する予定だ。

 

今回の移送は、強制的なものであったとの見方があり、アメリカと国連は「移送は、難民の自発的な意思のもとに行われるべき」と懸念を表明した。

 

バングラデシュのAKアブドゥル・モメン外相は、こうした批判を「真っ赤な嘘」と非難したほか、同島の設備は難民キャンプより整備されていると主張した。

 

アメリカは、バシャン・チョールがサイクロンの通り道で水害の危険性が高いと指摘し、同島が生活の場として安全か徹底的な調査をするようバングラデシュ政府に求めた。

 

アメリカはバングラデシュの難民対策に、2017年より96200万ドル(約1000億円)の資金援助をしている。

 

20201211日付けMizzima記事より要約)

 

ミャンマー国鉄、三菱商事に新型車両発注

 

三菱商事は128日、ミャンマー国鉄から鉄道の新型車両を受注したと発表した。

 

具体的には、ヤンゴン環状線向け新型車両66両と、ヤンゴンマンダレー幹線鉄道向け新型車両180両の二つのプロジェクトで、総額は約690億円にのぼる。日本とミャンマーの両政府の間で締結された円借款契約が活用される。

 

ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業:ヤンゴン・マンダレー間の既存路線の老朽化した設備を改修・近代化する円借款事業

 

2020129日付けMizzima記事より要約)

 

 

 

2020年12月8日更新

 

国際旅客便の着陸禁止措置再延長(1231日まで)

 

11月末までの期限としていた国際旅客便の着陸禁止措置について、1231日まで延長されることとなった。

 

2020121日付けMizzima記事および在ミャンマー日本大使館より要約)

 

コロナ:店内飲食再開へ

 

新型コロナウイルス対策国家中央委員会(Central Committee on Prevention, Control and Treatment for COVID-19)は、124日より保健当局の基準を満たしたレストランやカフェでの店内飲食を認める通達を発出した。

 

これまでミャンマーでは、コロナ感染防止対策として店内飲食は禁じられ、テイクアウト営業のみだった。

 

現時点で店内飲食の再開を許可された店舗はミャンマー全土で8017件だが、保健当局の設けた基準を満たせば再開できる店舗は増えていく見通しだ。

 

2020124日付けMizzima記事より要約)

 

2020年12月3日更新

 

ミャンマー総選挙結果

 

ミャンマーの選挙管理委員会は1114日、総選挙の最終的な開票結果を発表した。

 

議会上院と下院を合わせ、与党NLD(国民民主連盟)が獲得したのは396議席、軍系野党USDP(連邦団結発展党)33議席、その他少数民族の政党は合わせて47議席となった。

 

<上院>

NLD(国民民主連盟)138議席

USDP(連邦団結発展党)7議席

ANP(アラカン国民党)4議席

MUP(モン統一党)3議席

KSDP(カヤー州民主党)3議席

 

<下院>

NLD(国民民主連盟)258議席

USDP(連邦団結発展党)26議席

SNLD(シャン民族民主連盟)13議席

ANP(アラカン国民党)4議席

TNP(タアン民族党)3議席

 

選挙管理委員会HP(外部リンク:ミャンマー語のみ)

https://www.uec.gov.mm/news_preview_detail.php?action=news_detail&news_id=cC%2FMl34obsrydRAr00ukbCZSuEksJjy6RHXX9Uv2lyU%3D

 

20201月2日時点のミャンマー選挙管理委員会発表<Wikipedia経由>参照)

 

総選挙:投票中止地域で再選挙を要求

 

118日に実施されたミャンマーの総選挙だが、ラカイン州を含む15の地域は治安上の理由から投票が中止されたため、住民や権利団体から当該地域で改めて選挙を実施するよう求める声が高まっている。

 

選挙委員会は1111日、選挙が中止された地域の安定が確認できれば投票を実施する可能性を示唆したが、何をもって「安定」と見なすかの基準や、投票に向けての日程など具体策は示していない。

 

大統領府によると、当該地域と選挙実施に向け協議を行っているとのこと。

 

ラカイン州では総選挙以来、国軍と武装組織の戦闘は収まっており、状況は落ち着いている。

 

20201125日付けRadio Free Asia記事および26日付けMizzima記事より要約)

 

 

国軍と反政府武装組織、補欠選挙実施で意見一致

 

ラカイン州では総選挙以来、国軍と反政府武装組織「アラカン軍(AA)」の戦闘が収まり、落ち着いた情勢が続いている。

 

こうした状況を受け、避難していた住民が地元へ戻りつつある。

 

避難民支援活動家のゾーゾートゥン氏によると、米の収穫のために一時的に帰宅する住民はおよそ3万人にのぼり、完全な帰還を予定している住民は3000人を超える模様。

 

AA1112日、国軍に対し、ラカイン州におけるすべての軍事行動の停止と停戦宣言の発出を求める声明を発表した。また、投票が中止された選挙区で補欠選挙を実施するよう国軍と政府が協力することを求め、AAも治安の安定に協力する姿勢を示した。

 

国軍側も補欠選挙の実施に協力する旨を発表し、AAの声明を歓迎する姿勢を示した。

 

20201124日付けMizzima記事より要約)

 

日本ミャンマー支援機構株式会社

 Japan Myanmar Support  Association

 

〒236-0051  神奈川県横浜市金沢区富岡東6-30-E502

Tel / Fax : 045 - 567 - 5858 ( 受付時間:平日9時~18時 )

Mail : info@japan-myanmar.com

 


Facebook

Twitter

YouTube

LINE

クリックするとお友達になります。

Member

Email Contact


書  籍

 

ミャンマー専用

レンタルWi-Fi

深山 沙衣子 

website

ミャンマー人との

縁むすび


tag

#ミャンマー #外国人雇用 #ミャンマー進出コンサルティング #現地進出支援 #留学生・外国人人材採用 #工場進出支援 #不動産ご紹介 #合弁パートナー探し #市場調査 #通訳派遣 #レンタカー #縫製工場委託