5月26日更新

ミャンマーの資本財輸入、1ヶ月で5400万ドル減少

 

建設市場の減速が資本財の輸入の障害となり、2022年から2023年の現会計年度の1ヶ月間で5400万米ドルの減少となったことが、ミャンマー税関の統計で明らかになった。

 

ミャンマーは自動車部品、車両、機械、鉄鋼などの資本財を輸入し、2022年4月1日から5月6日までの推定輸入額は3億4566万米ドルで、1カ月前の3億9990万米ドルからわずかに減少した。

 

さらに、新型コロナウイルス感染症拡大期間中に一部の外資系企業が営業停止となり、外国人駐在員に依存するマンション不動産市場が急激に落ち込んだ。その結果、不動産業者は賃料の引き下げを余儀なくされている。COVID-19の影響と政変の中で、賃貸市場は下降線をたどり続けた。ヤンゴンのある不動産業者は、「入居率が大幅に低下している」と説明した。

 

しかし、不動産市場では、政情不安時の資産として購入者がおり、住宅や土地の価格が上昇している。米ドルに対するチャットの為替レートが下がっているため、建設コストが上昇し、その結果、デベロッパーはサプライチェーンの問題に直面している。

 

ミャンマーの輸入品で最も大きな割合を占めるのは中間財で、石油製品やプラスチック原料が主な輸入品目である。今年の原材料の輸入は、前年同期の4億6,100万ドルから4億8,266万ドルに急増している。

 

また、裁断・縫製・梱包(CMP)衣料品部門向けに、1ヵ月間で3億630万ドル相当の原材料が輸入され、前年度に比べ2億1700万ドルの増加となった。商務省のデータによると、ミャンマーへの輸入上位10カ国は、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、インド、ベトナム、日本、韓国、米国とされている。

 

(2022年5月17日,Global New Light Of Myanmar.よりJMSAが翻訳・要約)

5月26日更新

SAC議長国防軍最高司令官ミンアウンフライン上級将軍が、シャン州復興評議会(SSA)のSao Yawd Serk議長と和平問題について会談

 

国家行政評議会議長国防軍最高司令官ミンアウンフライン上級大将は、昨日の朝、ネピドーのBayintnaung Villaの応接間で、シャン州復興評議会(SSA)議長Sao Yawd Serk氏率いる平和代表団と平和問題に関する会談を行った。

 

会談には、国家行政評議会副議長である国防軍最高司令官副将軍ソーウィン氏、評議会メンバーのミャトンウー将軍、モーミントウン中将、ヤピエ中将が出席した。

 

シャン州復興評議会(SSA)の議長には、Sao Sai Ngin長官とSao Saung Han中央執行委員が同伴した。会談では、上級将官は、双方の同じ見解に基づく多党制民主主義を行使すること、民主主義と連邦制に基づく連邦を構築することの問題点を説明した。シャン州復興評議会(SSA)の議長も、これらの施策をめぐって同様の見解と態度を示した。

 

その後、各組織との会談終了後、和平交渉のプロセスの時間枠を体系的に描く計画や、和平プロセスに対する双方の見解について率直に意見交換を行った。

 

シャン州復興評議会-RCSS(SSA)の議長が率いる代表団は、和平交渉委員会および国家行政評議会のメンバーで結成された国家連帯・平和構築交渉委員会と和平交渉を継続する予定だ。

 

(2022年5月21日,Global New Light Of Myanmar.よりJMSAが翻訳・要約)

5月12日更新

ASEAN外相、米国との首脳会談を前にワシントンで会合

 

マレーシア外務省は、東南アジアの外相が5月11日にワシントンで「非公式」に会談を開き、ミャンマーが民主化に向けて前進するためのASEANとの合意を同国軍事政権が反故にしたことについて議論すると発表した。

 

同省サイフディン・アブドラ外相によると、会合はアメリカの首都で2日間にわたって開催されるアメリカ・ASEAN首脳会議の前夜に行われ、ASEANがミャンマーの国民統一政府(NUG)に非公式に関与することを求めるという。

 

さらに、同外相が地元紙「The Star」に対して、「5月11日の会合は非公式に開催され、ミャンマーのクーデターの危機について話し合う」、「5項目が適切に実施されるにはどうすればよいか、いくつかの意見を出すつもりだ」などと語ったことも確認された。

 

5項目とは、2021年4月24日にミャンマー情勢を協議するASEAN首脳会議で発表された議長声明の5項目のことであり、「暴力の即時停止」、「すべての当事者間の建設的な対話」、「ASEAN議長特使による対話の仲介」、「ASEANが調整する人道支援の提供」、「すべての当事者と会うための特使を長とするASEAN代表団のミャンマー訪問」を要求している。

 

5項目の実施は、大失敗であったというのが大方の分析である。ASEAN特使は全関係者と会うことができず、ミャンマー軍事政権は2021年4月の首脳会議で5項目に合意した後、さらなる暴挙に出ている。

 

また、東南アジアの国会議員のグループは5月9日、ASEANと米国に対して、来週行われる会議を機に、ミャンマー軍に対してより厳しい措置を開始するように促した。

ASEAN人権議員連盟は声明で、「米国とASEANに対し、ミャンマーのグループ加盟停止、ミンアウンフライン氏とその将軍らの領内渡航禁止、クーデターの指導者に対する標的制裁など、これまでよりもはるかに強力な措置をとるよう求める」と述べている。

 

(2022年5月9日, The Irrawaddy紙よりJMSAが翻訳・要約)

 

5月12日更新

ミャンマー軍事政権、国連ミャンマー特使のASEAN会議への出席を拒否

 

5月6日にカンボジアのプノンペンで開かれたASEAN人道支援会議において、ミャンマー軍事政権が国連ミャンマー特使の出席を阻んだ。

 

同会議では、2021年に軍事クーデターが起きたミャンマーへの援助を届ける計画について話し合われ、ミャンマーへの支援提供に関する軍事政権の責任者であるコーコーライン国際協力担当大臣が出席した。

 

国連ミャンマー特使が出席を禁じられた理由は明らかではないが、特使が国民統一政府(NUG)の議会機関及びミャンマーの救援・再定住担当大臣であるウィンシャッエイ氏と、同国への人道支援を含む問題について会談したことがきっかけとなった可能性が高いとみられている。

 

プノンペンでの会議の成果には、災害管理に関するASEAN人道支援調整センター(AHAセンター)が、ミャンマー軍事政権が指定する地域に、同政権と連携して援助を届ける計画が含まれている。

 

これについて、ミャンマー特別諮問評議会(SAC-M)は、「人道、中立、公平、独立といった人道の基本原則を踏みにじるもので、ミャンマー軍政の軍事目的を進めるものだ」として非難している。

 

同団体によると、ミャンマーでは1400万人が人道支援を必要としており、ミャンマー国内では推定80万人が国内避難民となっている。その多くは、ミャンマー軍事政府による攻撃から逃れるために、政府の統制がきかない国境沿いの領土に避難している。軍事政府は、これらの地域への国境を越えた援助を拒否している。

 

(2022年5月9日, The Irrawaddy紙よりJMSAが翻訳・要約)

 

日本ミャンマー支援機構株式会社

 Japan Myanmar Support  Association

 

〒236-0051  神奈川県横浜市金沢区富岡東6-30-E502

Tel / Fax : 045 - 567 - 5858 ( 受付時間:平日9時~18時 )

Mail : info@japan-myanmar.com

 


Facebook

Twitter

YouTube

LINE

クリックするとお友達になります。

Member

Email Contact


パートナーシップ構築宣言

 

書  籍

 

ミャンマー専用

レンタルWi-Fi

深山 沙衣子 

website

ミャンマー人との

縁むすび

コラム

 


tag

#ミャンマー #外国人雇用 #ミャンマー進出コンサルティング #現地進出支援 #留学生・外国人人材採用 #工場進出支援 #不動産ご紹介 #合弁パートナー探し #市場調査 #通訳派遣 #レンタカー #縫製工場委託