2022年8月25日更新
米の価格高騰もミャンマー国民の苦難の一つ
東南アジアの主食である米やその他の商品価格がこの2カ月間で5割も高騰しており、紛争が続くミャンマーですでに祖国を追われたミャンマー国民にとっては、別の苦難に直面していると業者関係者や消費者は語っている。
 
世界食糧計画(WFP)がまとめた最近のデータによると、ミャンマーにおいてベースとなる食糧の平均価格は、過去1年間で35%上昇している。
 
地元で最高級米と言われているシェボポーサン米の24ピー袋(108ポンド)は、さらに値上がりしている。7月1日に66,000チャット(31ドル)で売られていた一袋が今では90,000チャット(42ドル)で販売されている。ヤンゴンの小売市場では、同米の価格が10万チャット(47ドル)にまで跳ね上がることもあると業者関係者は語っている。
 
紛争の発端となった2021年2月1日の軍事クーデター以前は、この米の24ピー袋の価格は52,000チャット(25ドル)だった。
 
このインフレは、民主的に選ばれた政府が追放されて以来、品質が良くない米でさえ買うことが難しくなり、仕事がなかなか見つからない低所得者たちを直撃していると情報筋は述べている。ヤンゴンの低所得者は、以前は25,000チャット(12ドル)だった低品質の米が、今では45,000チャット(21ドル)で売られているという。
 
ミャンマー米穀連合会のイェミンアウン会長によると、米の価格高騰はCOVID-19ウイルスの発生、ミャンマーの政情不安、そして生産コストの高騰が原因だと述べた。
 
(2022年8月15日:rfaよりJMSAが要約・翻訳)
 
 
燃料不足で価格が高騰、ミャンマーのドライバーは苦しい思い
燃料不足によりミャンマーの主要都市でガソリンスタンドが閉鎖され、物価がクーデター以降2番目に高い水準まで高騰しており、政権による輸入制限と為替操作が原因であると批判が起きている。
 
軍事政権のエネルギー省の燃料輸入・貯蔵・流通監督委員会は金曜日、燃料不足により8月7日からの5日間で600チャット(0.30ドル)、4割近く価格が高騰したと発表した。
 
日曜日時点での1リットル当たり(0.25ガロン)のディーゼルとオクタンの平均価格は、それぞれ1,970チャット(0.94ドル)、そして1,615チャット(0.77ドル)だったが、金曜日には共に2,550チャット(1.21ドル)、そして2,245チャット(1.07ドル)に値上がりしている。
 
燃料不足による価格高騰が原因で、ミャンマーの最大都市であるヤンゴンやマンダレーを含め、ほとんどの州や地域の主要都市にあるガソリンスタンドでは燃料不足により閉店したり、販売制限を余儀なくされている。
 
市外では92オクタンを1リットル2,850チャット(1.36ドル)で売る店もあり、バイクには2,000チャット(0.95ドル)で、車に対しては20,000チャット(9.53ドル)で販売しているところもあり、さらには道端でガソリンを小瓶に入れて様々な値段で販売していた者もいる。
 
国内の燃料不足と価格高騰にも関わらず、軍事政権のミンアウンフライン国軍総司令官は 8月8日、政権の業務調整会議において同政権は年間13億ドルの石油および石油製品の輸入を削減することにより支出を減らす対応を取ると発表した。
 
 
(2022年8月12日:rfaよりJMSAが要約・翻訳)
 
 
2022年8月18日更新
ミャンマー紛争にロシアを巻き込む
 
皮肉に聞こえるかもしれないが、ミャンマーが日を追うごとにシリアや南スーダンのようになりつつある昨今、ロシア外相が先週ネピドーを訪問し、非難の的となっているミャンマーの軍事政権に必要な道徳的、政治的支援を提供したのは、まさに適切なことだったと言える。
 
ネピドーで開催されたイベントに参加した外国の高官の中で最高位の人物であったロシアのアレクサンダーフォミン国防副大臣は、同イベントの2日後、ミャンマーを「信頼できる同盟国であり、戦略的パートナー」と語った。
 
ロシアがウクライナに侵攻したとき、同政権はクレムリンを支持し、報道官は「ロシアは依然として世界平和のための勢力の均衡を保つ役割を果たす強国である」と述べた。
 
現在でもロシアはミャンマー軍への主要な武器供給国の一国であり、2001年以降、少なくとも7,000人のミャンマー人の幹部候補に対して大学院での教育を提供している。
 
モスクワは、ミャンマーに戦闘機、ヘリコプター、防空システムを提供しており、ミャンマーの政権指導者が中国からよりもロシアからの軍需品を好んで使用するということは誰もが知る事実である。
 
しかし今日では、二国間の関係は軍事的なものだけに留まらず、モスクワは、ミャンマーとの外交、経済、貿易、そして安全保障関係に関して幅広い関係性を持つことを目指している。
 
同時期にカンボジアで開催されていた地域閣僚会議から締め出されてしまった孤立したミャンマーの指導者たちは、ラブロフ氏を満面の笑みで迎え、ミャンマーの軍事政権が強力な友人を得たことをアピールした。
 
(2022年8月8日:The IrrawaddyからJASAが要約・翻訳)
 
 
 
 
 
 2022年8月9日更新
ミャンマー政府、「選挙準備」の必要性を理由に非常事態を延長
 
ミャンマーの軍事政権は、週末に市民が軍事政権に対する民主化運動への忠誠を誓う集会を開いたため、追加の「選挙準備」の必要性を理由に、ミャンマーの非常事態をさらに6カ月延長し、2023年2月1日までとした。
 
2008年にミャンマーの軍部が作成した憲法では、1年間の非常事態宣言が認められ、最長で2期に該当する6カ月間延長することができる。その後、6カ月以内に選挙を実施しなければならないと明記されている。
 
ミンアウンフライン国軍司令官は、8月1日のテレビ演説で、「選挙に先立ち、まだやるべきことがある」という理由で「非常事態の延長を余儀なくされた」と述べた。同氏は選挙の時期については言及しなかったものの、ミャンマー国内での 「平和かつ安定」なしには、選挙は行えないと述べた。 非常事態の延長は、少なくとも2023年2月1日まで選挙が行われないことを意味している。
 
ミンアウンフライン氏はまた、アウンサンスーチー氏の国民民主連盟(NLD)が2020年11月の総選挙を制したミャンマーの小選挙区制において、比例代表制をより重視する「選挙制度改革」を訴えた。同氏は、これまで世論調査の政治的適正を妨げていたのは「強力な政党」のおかげだと指摘した。
 
クーデターから1年半が経過した今も、その主張の証拠は示されてはいないが、軍事政権は、有権者による不正行為の疑いで2020年の選挙結果を無効と公表している。アウンサンスーチー氏は政権奪取時に逮捕され複数の罪に問われており、最長で150年間の実刑に課せられる恐れがある。
 
野党は国民に対し、2020年の結果を無効にするような軍事政権主催の選挙には参加しないよう呼びかけている。
 
(2022年8月1日:rfaからJMSAが要約・翻訳)
 
 
2022年8月3日更新
ミャンマー政府高官と2人のお気に入りの僧侶、モスクワでパゴダのレプリカを奉納
 
昨年、ミンアウンフライン国軍司令官に対し権力を掌握するようにかなり前に促したとされる2人の著
名な仏教僧が、カソンの満月の日である7月12日にロシアの首都モスクワで軍事政権のトップと共にシ
ュエジーゴンパゴダのレプリカを奉献した。
 
この問題の2人の僧侶は、シタグサヤドウアシンニャニサラー氏とダンマドゥタアシンチェキンダ氏で、
クーデター以降、ミンアウンフライン氏との関係を深めている。両僧侶は2020年11月の総選挙を前に、
国民民主連盟(NLD)政権から軍が権力を掌握するよう呼びかけたとされる。軍やNLD政府から除籍
された信奉者を持つ高名な僧侶によれば、そのうちの一人はミンアウンフライン氏にクーデターを起こ
すよう説き進める手紙まで書いたとのことだ。
 
ミンアウンフライン氏の妻であるチューチューラ氏、その息子のアウンピエソン氏、シタグサヤドウ氏、
アシンチキンダ氏は7月10日に非公式でネピドーを出国したが、これに関する公式報道は、出国後2日
後に行われた。クーデター後、ミンアウンフライン氏によるロシア訪問は2度目となったが、昨年6月
の最初の訪問では、モスクワでシュエダゴンパゴダのレプリカを奉献した。
 
シタグサヤドウ氏のフェイスブックによると、このパゴダの資金源は、銀行、保険、航空など様々な分野
で利益を上げているカンボウザグループ会社の経営者である実業家のアウンコーウィン氏とその妻との
ことだ。同グループは、ミャンマー国内の最大手の銀行であるカンボウザ銀行(KBZ)を所有しており、
ミンアウンフライン氏と密接な関係があることが知られている。
 
ロシアは、ミンウンフライン氏と交流を始めた唯一の国であり、政権掌握後から16カ月の間で同氏が訪
問した国でもある。しかしミンアウンフライン氏は、ミャンマーの人々に対する暴力行為で国際的に敬
遠されている。
 
モスクワがミンアウンフライン氏と関係を保っているのは、ミャンマーを友好国と見ている訳ではなく、
ミンアウンフライン氏の政権がモスクワにとって資金源となっているからだ。ロシアはミャンマーへの
主要な武器供給国であり、ミャンマーの軍事政権はロシアのウクライナ侵攻に対し部分的な資金提供を
行っていると見られる恐れがある。ミンアウンフライン氏は、ロシアのプーチン大統領からいずれの訪
問においても歓待されていない。
 
(2022年7月14日:The IrrawaddyからJMSAが翻訳・要約)
 
 

日本ミャンマー支援機構株式会社

 Japan Myanmar Support  Association

 

〒236-0051  神奈川県横浜市金沢区富岡東6-30-E502

Tel / Fax : 045 - 567 - 5858 ( 受付時間:平日9時~18時 )

Mail : info@japan-myanmar.com

 


Facebook

Twitter

YouTube

LINE

クリックするとお友達になります。

Member

Email Contact


パートナーシップ構築宣言

 

書  籍

 

ミャンマー専用

レンタルWi-Fi

深山 沙衣子 

website

ミャンマー人との

縁むすび

コラム

 


tag

#ミャンマー #外国人雇用 #ミャンマー進出コンサルティング #現地進出支援 #留学生・外国人人材採用 #工場進出支援 #不動産ご紹介 #合弁パートナー探し #市場調査 #通訳派遣 #レンタカー #縫製工場委託