今日のミャンマーニュース

2021年4月7日更新

カレン州空爆:タイに避難も強制退去か

 

ミャンマー国軍は、反政府武装勢力「カレン民族同盟(KNU)」が支配する地域を標的に、空爆を継続しており、これまでに7000人が自宅からの避難を余儀なくされている。

 

KNUは国軍のクーデターを非難すると同時に、不服従運動デモで弾圧され逃れてきた市民数百人を保護している。

 

しかし、国軍の空爆を受け、カレン州から3000人もの人がサルウィン川を渡り、隣国タイへ逃れようとしたが、2300人ほどは入国できず退去させられたと報じられた。

 

タイ当局はあくまでも、自主的な退去だったと主張している。一方、中には近くのタイの病院へ搬送された難民もおり、現場の医師によると、多くは砲弾による負傷だった。

 

国連の難民問題担当は、「現時点で、こうしたミャンマー難民との接触はできていない」と述べた。

 

202141日付けMizzima記事より要約)

 

民主推進派:現行憲法を廃止、暫定憲法を制定

 

民主政治推進派でつくる「連邦議会代表委員会(CRPH)」は331日、国軍に有利な現行憲法の廃止を宣言し、少数民族武装勢力の意見も交え「統一政府」樹立を謳う「暫定憲法」を制定した。

 

41日には、国軍に抗議する市民たちが憲法をまとめた冊子を燃やす行為が各地で見られた。

 

2008年に制定された現行憲法では、議会定数の4分の1を軍人枠と定めている他、国防、内務、国境の3つの省は軍が掌握するなど、国軍による政治介入を事実上認める内容となっている。

 

また、大統領就任の条件として、外国籍の家族がいないことが定められており、アウンサンスーチー国家顧問が大統領となることを阻止している。

 

202141日付けMyanmar-NOW記事より要約)


 

縫製工場 / OEM

 

内定者研修の様子

 

外国人採用の秘訣


 

ヤンゴン縫製工場様子

 

ミャンマー人子供向け日曜仏教学校の様子

 

ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール


 

JMSA SNS

お得な情報お届けします

 

クリックすると

お友達になります



Archive 

 


日本ミャンマー支援機構株式会社

 Japan Myanmar Support  Association

 

〒236-0051  神奈川県横浜市金沢区富岡東6-30-E502

Tel / Fax : 045 - 567 - 5858 ( 受付時間:平日9時~18時 )

Mail : info@japan-myanmar.com

 


Facebook

Twitter

YouTube

LINE

クリックするとお友達になります。

Member

Email Contact


書  籍

 

ミャンマー専用

レンタルWi-Fi

深山 沙衣子 

website

ミャンマー人との

縁むすび


tag

#ミャンマー #外国人雇用 #ミャンマー進出コンサルティング #現地進出支援 #留学生・外国人人材採用 #工場進出支援 #不動産ご紹介 #合弁パートナー探し #市場調査 #通訳派遣 #レンタカー #縫製工場委託